マインドフルネスとは

『今この瞬間に完全な注意を向けた状態』をさす。または、その状態を作り出すための行為をさす。マインドフル瞑想がおもに知られているが、やり方は他にもいろいろある。

グーグルや、ヤフーなどの大手企業や、ハーバートやスタンフォードなどの名門大学が取り入れていることから注目をあびている。その効果には

・健康の促進
・幸福感の促進
・人間関係の促進
・自己コントロールの促進
・脳の開発
・生産性の向上

があげられており、日本でも認知度があがってきている。書籍も多数出ている。日本では同志社大が2013年からビジネススクールに導入している。学会も設立され、各地でセミナーや講演会を行っている。

瞑想は宗教的要素が強いとして長い間科学的に研究されることはなかったが、生物学の博士号をもつフランス人のチベット仏教の僧侶マチュー・リカールと、心理学の博士号をもち、感情についての神経科学的側面を研究してきたリチャード・デビットソン博士の出会いをきっかけに、急速に瞑想の科学的解析が進むことになった。

デビットソン博士が瞑想経験のない学生とリカールの脳を測定したところ、脳の機能、造りの両面でリカールのほうが向上しているという結果が出た。日常的に瞑想をしている脳としていない脳では、幸福感を感じる部位の大きさに大きな差があることが判明した。

人間が幸福感を感じるのは前頭前野の左側であり、ここが右側より活発であればあるほど幸福感が高いとされている。これは『レフト・ティルト(左への傾き)』とよばれている。

その後、さらに研究がすすみ、ジョン・カバット・ジン博士が瞑想を用いた『マインドフルネスストレス解消法(MBSR)』を確立する。

マインドフル瞑想には様々なやり方があるが、やりやすい方法としては、

①椅子に浅く腰掛け、背筋を伸ばす。
②目を閉じる
③10分間、自分の呼吸を意識して瞑想する

といった方法がある。

瞑想の時間は30~40分が理想とされているが、時間をとるのが難しければ1日5~10分程度でも効果はきたいできる。

最近ではマインドフルネス瞑想のアプリも出ている。ダウンロードすれば、通勤の電車の中など場所を選ばずに瞑想ができると好評の物もあるが、ガイドが聞きにくいなど使いづらい物もあるため、自分に合うものを見極めてダウンロードしたほうがよい。

瞑想が苦手だったり、抵抗感がある人は普段の生活習慣の中にマインドフルネスを取り入れる方法もある。自転車やウォーキングをしながら、自分の動作の一つ一つに注意をはらう、目に入ってくる風景に注目するなど、普段は意識もしないことに注意を向けるだけでもよいとされている。

しかし瞑想に関しては、リラックスしすぎてせっかく頭に浮かんできた独創的なアイデアが消えてしまった、考える時間が奪われるなどのデメリットも報告されているため、人によって不向きなことも知っておく必要がある。特にクリエイティブな仕事をしている人にはデメリットのほうが大きいという体験談もある。

1.心身リセット合宿 和(やまと)
このサイトを見れば体について詳しくなれそうです。

2.過食の原因と仕組み.com
過食に対する危機感が高まりそうです。

3.潜在意識の探求。スピリチュアルと心理学
うつ病は他人事ではないなと危機感を持てそうです。

4.働く方・就職活動中の方のカウンセリング  メンタルアシスタント
カウンセリングの役割が詳しく載っていそうです。

5.[転職で年収アップ!]介護・福祉関連の求人情報サイトの活用方法!(介護福祉士、ホームヘルパー、ケアマネージャー、派遣)
役立つ転職情報がたくさん載っていそうです。

6.恐怖症克服法.net
恐怖症克服のための情報がたくさん載っていそうです。

7.I like music! ~Dorothy’s Room~
メンタルヘルスのリアルな実態が載っていそうです。

8.口下手を治す方法.COM
このサイトを見れば口下手が解消できそうです。

9.癒し系総合ポータルサイト *こころつむぎ*
精神に関するお役立ち情報がたくさん載っていそうです。

10.幸せ引き寄せ宇宙の法則
幸せに対する理論に詳しくなれそうです。

11.人間関係と恋愛を科学する雑学サイト-Little Riffle(リトルリフル)-
心理学に関することがたくさん載っています。

12.発達障害って治る?
発達障害についてリアルな体験が載っています。

13.更年期障害の治療よりも養生
更年期障害のことが詳しく記されています。

14.透視リーディング
このサイトを見れば透視能力について信じる事ができそうです。