すべては思い込み!?役にたたない感情を認識しよう

予想外のトラブルに見舞われても、『まあ、どうにかなるさ』とのんびり構えていられる人もいれば、パニックになってヒステリーをおこしてしまう人もいます。その状況にどんな反応をするのかは、人によって様々です。この差はどこから来るのでしょうか?

人は予想外のできごとがおきると、自身の過去の体験を通して理解ようとするくせがあります。過去の経験が自分自身にできごとの説明をするのです。どんな説明になるかは、人によってまったくちがう物となります。これはレジリエンスでは『思い込み』と表現します。

思い込みは、人によって違うので同じできごとに大してもその人独自の色眼鏡で見ることになります。この色めがねにより同じできごとでも、人によってネガティブに捉えたり、ポジティブに捉えたりする違いがでてくるのです。

この反応のプロセスを認知行動療法を開発した臨床心理学者、アルバート・エリスは『ABCモデル』と名づけました。

・A(adverstity=逆境)予想外のできごとやトラブルが起きたときの状況
・B(belief=信念)その出来事の自分への説明
・C(consequence=結果)それに反応した感情や行動

何かトラブルがおきると、AがBを引き起こし、Cに繋がります。

例えば、普段から折り合いの悪い上司がいます。上司に対するあなたの反応は次のようになったとします。

A=日ごろから上司が冷たい。自分を無視している
B=私には価値がないのかもしれない
C=憂鬱で仕事が手に付かない

しかし、その上司は私生活でトラブルを抱えており、人のことにかまっている余裕がないだけだということがわかりました。上司の態度の原因が自分ではないということが理解できたので、憂うつ感や劣等感は解消されます。

ネガティブな感情は自分の思い込みによって引き起こされることが多いのです。思い込みとネガティブな感情の関係について知っておくと、感情を整理しやすくなります。

怒り=自分の権利が侵害されるという思い込みから生まれる感情

不安・心配・怖れ=将来の脅威という思い込み

悲しみ=損失という思い込み

失望=期待したことが実現しないという思い込み

恥ずかしさ=人から賛同をもらえないという思い込み

罪悪感=人の権利を侵害してしまったという思い込み

すぐ感情的になってしまう人は、トラブルがおきると感情が先走ってしまうことがげんいんです。こういった感情が発生するメカニズムを理解しておけば感情に振り回されずに行動することが出来るようになるのです。

思い込みは、人が生まれたときから持っているわけではありません。過去の経験からいつのまにか刷り込まれたものです。こういった根拠のない思い込みは、過去のつらい経験に由来していることがほとんどです。

思い込みはやっかいな物ではありますが、自分の中にはこういった思い込みがあればネガティブな気分になりそうなときでも、冷静に対処できるようになります。何か困ったことがおきたら、自分の中のどんな思い込みがはたらいているのかチェックしてみましょう。